ソーイング・ビー4出場者まとめ→記事

小学校の机サイズで切り替えデザインの給食ナフキン

こんにちは。 しゅみふる!(syumifull) です。

給食ナフキンの替えを、ちょっと違うデザインで用意したいな

この記事では、切り替えデザインの給食ナフキンが作れます。

しゅみふる!

この記事はこんな人におススメです。

  • 裏地がある給食ナフキンが欲しい
  • 切り替えデザインにしたい
  • 自由な大きさで作りたい

今回作るのは、縦40cm×横50cmの給食ナフキンです。が、お好みの大きさに変更できます。

製作時間の目安:1時間~2時間。

それでは、どうぞ!

目次

学校の机サイズとランチマット(給食ナフキン)のサイズ

小学校の机の天板サイズ

小学校の机は現在2種類。JIS規格で決められています。

旧JIS規格…40cm×60cm

新JIS規格…45cm×65cm

新JIS規格の方が大きいです。ですが、旧JIS規格を使用している学校もまだ多くあります。

ランチマットの大きさ

一番のオススメは縦40cm×横50cm。このランチマットのサイズなら、お友達と机を並べて食べる時も、お友達の机にはみ出す心配がありません

私の小学校時代も、ランチマットのはみ出し具合で、ちょっとした喧嘩の種になることがありました

とはいえ、最近の状況(2021年4月)ですと、机をくっつけて食べる機会は無いですよね。

天板を全て覆って、できるだけ汚れないようにしたいなら縦40cm×横60cm

園児向けに作るなら縦28cm×横38cmがおすすめです。

ランチマットのサイズ備考
小学校縦40cm×横50cm隣の机に、はみ出さない。
小学校縦40cm×横60cm天板を覆えるサイズ。汚れをガード。
園児縦28cm×横38cmトレーサイズ。

今回は、基本の縦40cm×横50cm(裏地あり)で作っていきます。

準備

道具 

☆…必須

  • 家庭用ミシン ☆
  • ミシン針 11~16番 ☆
  • ミシン糸 60番 ☆
  • まち針 (または 仮止めクリップ) ☆
  • アイロン ☆
  • アイロン台 ☆
  • 布切りバサミ (または ローラーカッター) ☆
  • 糸きりバサミ ☆
  • 目打ち

材料

 ☆…必須 数字はすべて余裕をみて取っています。

  • 表布A (オックス)…40cm(幅110cm) ☆
  • 表布B (オックス)…20cm(幅110cm) ☆
  • 裏布(オックス)…50cm(幅110cm) ☆
  • ネームラベル

他のサイズで作りたい場合 裏布できあがりサイズの縦横に+2cmの縫い代をつけて裁断します。40㎝×60cmなら42cm×62cmです。 表布できあがりサイズの縦を3:1で割ります。 40cm×60cmのできあがりサイズなら、30cm×60cm(表布A)と10cm×60cm(表布B)です。 それに縫い代を縦横+2cmを足して、裁断します。32cm×62cm(表布A)と12㎝×62cm(表布B)です。

オックスとは生地の種類のことです。オックス生地は厚みのある生地で、家庭用ミシンでも縫うことができます。プリント柄が豊富で、お子様のお気に入りの柄もすぐに見つかります。

材料をカットします

まず、材料をカットしましょう。最初にカットしておくことで、後の作業が格段に楽になります。

  • 表布A …縦32cm×横52cm 1枚
  • 表布B …縦12cm×横52cm 1枚
  • 裏布 …縦42cm×横52cm 1枚

天板サイズのランチマット(縦40cm×横60cm)

  • 表布A…縦32cm×横62cm 1枚
  • 表布B…縦12cm×横62cm 1枚
  • 裏布 …縦42cm×横62cm 1枚

園児サイズのランチマット(縦28cm×横38cm)

  • 表布A …縦23cm×横40cm 1枚
  • 表布B …縦9cm×横40cm 1枚
  • 裏布 …縦30cm×横40cm 1枚

作り方は共通です。

給食ナフキンの表側の切り替えをつくります

表布AとBの柄の向きが正しくなるように、一度、置きます。

確認しましたら、横52cm辺で合わせたいので、表布Aの上に表布Bを裏返して置きます。(=中表にする)

重ねましたら、仮止めクリップやまち針でとめ、縫い代1cmで縫い合わせます。

注意:縫いはじめと縫い終わりは返し縫いをします。

縫えましたら、裏返します。アイロンで縫い代を表布B側にたおします

表に返して、アイロンをかけます。

表布Bと縫い代を0.2cmで縫います。最初と最後は返し縫いをします。

これで、切り替え部分の完成です。

(省略OK)ネームラベルを付けます

アイロン接着ネームラベルを1枚用意します。

今回は手芸屋さんで売っていたネームラベルを使用しました。

付けるのは表布、裏布どちらでもお好みで大丈夫です。今回私は、表布につけることにしました。

ランチマットの右下に付けます。場所もお好みで大丈夫です。

右下に付ける場合は、右の生地端から3cm下の生地の端から3cmのところにチャコペンで印をつけます。

印をつけた場所と、ネームラベルの右下の角を合わせます。位置が決まったら、アイロンで接着します。

ネームラベルを右下につけました。

ネームラベルの取扱説明書の指示通りにアイロンをあてます。

アイロンの熱がとれましたら、洗濯しても大丈夫なように、ミシンで周りを縫いつけます。

これで、洗濯しても、ネームラベルが取れる心配がなくなりました。

表布と裏布を縫い合わせます

表布と裏布を重ね、縫っていきます

表布の表を上にして机に置き、その上から、裏布の表を下にして重ねます。(=中表にする)

まち針や仮止めクリップを使って、布同士をとめていきます。

返し口を残して縫い代1cmで縫い合わせます。返し口の手前は返し縫いをして補強します。

布端が横の1cmのラインまで来ましたら、針が刺さったまま、ミシンを止めます。

「押さえ」を上げて、布を90度回転させます。

「押さえ」を下し、ふたたび縫い代1cmで縫っていきます。

四隅をカットします

四隅の縫い代をナナメにカットします。カットすることで、余分な縫い代が無くなり、綺麗な見た目になります。

縫い目の糸を切らないように、注意してください

返し口から表に返します

返し口から表に返します。

四隅が内側に入ってしまっているときは、目打ちを使って引き出します。

↑ビフォー  アフター↓

アイロンで整えて、周りを0.5cmで縫います

布がフワッとしていますので、アイロンで形を整えます。

縫い代0.5cmで一周ぐるっと縫います。この作業で、返し口もとじることができます。

切り替えデザインの完成です!

作ったナプキンはハンドメイドマーケットで売ってOK○です♪

minneの作家登録は無料です

\ 作品を売る /

給食袋、コップ袋の作り方もあわせてどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる