ソーイング・ビー4出場者まとめ→記事

柄の向きがある生地で作る!簡単コップ袋の作り方

こんにちは。 しゅみふる!(syumifull) です。

柄の向きがある生地で、コップ袋を作ってみたい!

この記事を読めば、柄の向きがある生地でも、簡単にコップ袋が作れます

しゅみふる!

この記事はこんな人におススメです。

  • 簡単にコップ袋をつくりたい
  • 給食袋と同じ生地にしたい
  • ランドセルにひっかける予定なので、名前は袋の内側に書きたい

今回作るのは、出来上がりサイズが縦17cm×横18cm、マチ3cmのコップ袋です。

なお、ネームラベルやループをつけない場合には「省略OK」と記載しました!

製作時間の目安:1~2時間。

それでは、どうぞ!

目次

今回作ったコップ袋はこちら

学用品売り場などで目にする、プラスチック製のコップがすっぽり収まります

準備

道具 

☆…必須

  • 家庭用ミシン ☆
  • ミシン針 11~16番 ☆
  • ミシン糸 60番 ☆
  • まち針 (または 仮止めクリップ) ☆
  • アイロン ☆
  • アイロン台 ☆
  • 布切りバサミ (または ローラーカッター) ☆
  • 糸きりバサミ ☆
  • 目打ち

材料

 ☆…必須 数字はすべて余裕をみて取っています。

  • 表布(オックス)…30cm(幅110m) ☆
  • 丸ヒモ(細)…65cm ☆
  • ループエンド 1個
  • ネームラベル 1枚

オックスとは生地の種類のことです。オックス生地は少し厚みのある生地で、家庭用ミシンでも縫うことができます。プリント柄が豊富で、お子様のお気に入りの柄もすぐに見つかります。

材料をカットします

まず、材料をカットしましょう。最初にカットしておくことで、後の作業が格段に楽になります。

  • 表布 …縦21cm×横20cm 2枚 (柄の上下左右を確認してカットします)
  • 丸ヒモ…65cmを1本

3辺にジグザグミシンをかけます

袋口(上辺)以外の3辺(両脇、底)にジグザグミシンをかけます。

注意:ジグザグミシンをかけないでおくと、生地の端から糸がほつれてきます。私は底の部分のジグザグミシンをかけ忘れ、最後に無理やり処理しました…。今回はジグザグミシンをお忘れなく…!

(省略OK!)ネームラベルを裏側につけます

ランドセルのフックに袋をかけることってありますよね。

コップ袋の外側に名前が書いてあると、防犯面でも心配です。

なので、今回は裏側にネームラベルをつけます

表布1枚を縦半分に折ります。チャコペンで印をつけておきます。

生地を裏にして、上から5cmのところで印をつけます。

ネームラベルの取扱説明書のとおりにアイロンをあてます。

アイロンの熱が冷めたら、洗濯しても取れないようにミシンで縫いつけます

表布の上側をアイロンで三つ折りにする

表布2枚の上を3つ折りにします。

上から3cmの幅で布を折り、アイロンをかけます。

今折った、3cmの部分を開きます。

次に、上から1cmの部分で折り、アイロンをかけます。

この三つ折りの部分は、開いておきましょう。

中表に合わせて、縫います

表布1枚の柄が見えるように置きます。その上に、もう1枚の布を柄のある方を下にして、重ねます。(=中表にする)

まち針で周りをとめ、右の脇だけ上から8cmあけて、縫います。

縫いはじめと縫い終わりは返し縫いをします。

縫い代1cmでミシンを進めていきます。

角に来たら、針を刺したまま、ミシンを止めます。そのまま、「押さえ」を上げます。

生地だけくるっと90度回転させます。

縫い代1cmのところのに生地の端がきているのを確認します。

押さえをおろして、また縫い進めます。

次の角も同じようにして、生地を90度回転させて縫っていきます。

生地の端まできたら、返し縫いを3~5針します。

マチを作ります

下辺(底)の縫い目から3cmを測り、両サイドに印をつけます。

その印で、布を折り、まち針で左右を止めます。

今折った部分を縫い代1cmで縫います。縫いはじめと縫い終わりは返し縫いを3~5針します。

※縫い代1cmなので、すでにある縫い目に重なります。

これでマチができました!

「あき」を縫います

両脇の縫い代をアイロンで割ります。

片方だけ8cmのあきがあるので、縫い代0.5cmで縫っていきます。

あきどまりは、3回返し縫いをして強度をつけます。

とても狭い場所なので、本体の布を一緒に縫ってしまわないように、気をつけましょう。ゆっくりやるのがおススメです。

ミシンでうまく縫えない場合は、手縫いの半返し縫いなどで処理するのもいいと思います。

表に返し、袋口を縫います

表に返します。マチはこのようになります。

アイロンで形を整え、袋口を三つ折りにして、まち針でとめます。

縫い代1.8cmでぐるりと縫っていきましょう。

丸ヒモを通します

丸ヒモをコップ袋に通していきます

ヒモ通しや安全ピンを使って、ヒモを本体に通していきます。

ヒモの出口は縫い代と重なっていて、うまく抜け出せないことがあります。

その場合は、目打ちを使ってヒモ通し口を開けると、スッと出やすいです。

(※参考画像↓)

ループエンドを使わない場合は、なるべく本体に近いところでヒモを縛ってください。

(省略OK!)ループエンドをつけます

ヒモが通せましたら、ループエンドの穴が細い方からヒモを通します

かた結びで縛っていきました。

ループエンドを移動し、余分なヒモをカットして、完成です!

今回は手芸屋さんで売っているネームラベルを使ったので、お名前スタンプを上から押しました。

作ったコップ袋はハンドメイドマーケットで売ってOKです♪


\ 作家登録無料♪minneで売る/

給食袋・ランチマットの作り方もあわせてどうぞ

同じ生地で裏地がある給食袋のつくり方

小学校の机サイズ!ランチマットの作り方(サイズはお好みに変更できます)

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる